ゼファルリンは効果なし!大きくならないと悩む前に!

ゼファルリンは効果なし!大きくならないと悩む前に!

ゼファルリンを飲んでもなかなかペニスが大きくならないと悩んでいる方に、ゼファルリンを効果的に活用してペニスを大きくする方法について紹介します。

 

 

ペニスが大きくなるメカニズム

例えば、筋肉をつけるためには

 

  • トレーニング
  • 食事(栄養)
  • 休養

 

この3つが絶対に不可欠です。

 

これと同じようにペニスを大きくするのにも、トレーニング、栄養、休養の3つが必要です。ゼファルリンは、この3つのうち「栄養」の部分しか満たすことができません。ですので、ゼファルリンを飲みながら、トレーニングをすることでしっかりとした効果をあげることができます。

 

 

ペニスを大きくするトレーニング

ペニスを長くするためには「ペニスストレッチ」、ペニスを太くするためには「ジェルキング」、亀頭を大きくするためには「ミルキング」のトレーニングが有効です。

 

それでは、それぞれのエクササイズについて紹介をします。

 

 

ペニスストレッチのやり方

まず半勃起状態にした後、親指、人差し指でカリの部分を握り、上や下、左右にそれぞれ20秒ずつ引っ張ります。

 

強くひっぱりすぎるとペニスを傷つけてしまい、あとで痛くなる可能性があるので、やさしく引っ張る感じで大丈夫です。これを1日3回行うようにしましょう。

 

 

ジェルキングのやり方

ペニスストレッチのときと同じように半勃起状態にします。滑りをよくするためにペニスにローションを塗ります。

 

片手の親指人差し指で輪を作り、ペニスの根元をしっかり握って固定をします。このとき、少し強めに血液の流れを止めるくらいで握ってください。

 

そして反対の手でも親指と人差し指で輪っかをつくり、根元の少し上からカリの近くまで握って圧力を加えたまま移動させます。このとき根元の血液をしぼりだすような感じで行います。これを20回繰り返します。

 

 

ミルキングのやり方

半勃起状態にします。そしてペニスの竿の部分をを5本指で軽く握ります。

 

小指の部分から強く握り、薬指、中指、人差し指と順に強く握っていきます。そうすると、血液が亀頭の方に移動していくのが感じられると思います。

 

で、親指と人差し指だけ強く握ったまま、中指、薬指、小指は緩めます。そうすると、サオの部分に血液が流れ込んできます。ですので、また、小指で強く握って、その瞬間に人差し指を離して、薬指、中指、人差し指と順に強く握っていきます。

 

そうするとさらに亀頭に血液が集まり大きくなります。そうやってどんどん亀頭に血液を集めて、パンパンになったところで20秒キープします。

 

フル勃起状態で行うとペニスを損傷する危険性がありますので、必ず半勃起状態で行うようにしてください。

 

 

 

これらのトレーニングを行うことで、ゼファルリンで採った栄養が、ペニスの成長に利用されて、効率よくペニスを大きくすることができます。

 

ペニスはトレーニングだけ行ったり、サプリメントで栄養をとったりするだけではなかなか成果をあげることは難しいです。両方を組み合わせることで初めて成果をあげることができるということを知っておいてほしいと思います。