ゼファルリンで男性ホルモンが増加!抜け毛や薄毛になる?

ゼファルリンで男性ホルモンが増加!抜け毛や薄毛になる?

ゼファルリンによって男性ホルモンが増加して抜け毛や薄毛になるのかについて述べたいと思います。

 

 

ゼファルリンで男性ホルモンが増える

ゼファルリンには、男性ホルモンを増加させるアミノ酸や素材が含まれています。ですので、服用することによって男性ホルモンが増えるのは自然な流れです。

 

 

男性ホルモンとは?

男性ホルモンとは、身体の中でも男性特有の部分を作るために分泌されているホルモンです。この男性ホルモンのほとんどは睾丸で作られています。

 

男性ホルモンには、筋肉を成長させたり、精子を作ったり、細胞が老化しないようにする作用があります。

 

男性ホルモンの大部分はテストステロンという物質で構成されています。

 

 

男性ホルモンが増えると抜け毛や薄毛になる理由

男性ホルモンを構成するテストステロンは、5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロンという物質に変化します。このジヒドロテストロンが発毛を妨げる方向に作用して、抜け毛や薄毛になると言われています。

 

しかし、抜け毛、薄毛の原因は男性ホルモンというよりも5αリダクターゼの量に関連が深く、5αリダクターゼの量は遺伝的な要素が強いようです。

 

簡単に言えば、頭が禿げる家系の方で、男性ホルモンが増えれば、禿げる可能性が高く、頭が禿げない家系の方は男性ホルモンが増えても禿げる可能性は低いということです。

 

 

ゼファルリンは抜け毛予防に有効な成分を配合

ゼファルリンには抜け毛を予防したり、増毛したりする成分が含まれています。

 

ノコギリヤシや亜鉛などがその成分です。ノコギリヤシには5αリダクターゼが発生するのを抑制する効果があります。また亜鉛はたんぱく質と結合して髪の毛を作る効果があります。

 

ペニス増大や精力増強のためには、男性ホルモンの増加は絶対に必要です。そこから、抜け毛や薄毛を防止するためには、5αリダクターゼが生成しないようにすれば良いわけです。